PCAは高度な理論と技術を取得する「ピラティス指導者」養成学校です。1つ上のピラティスインストラクターを目指しませんか。

受講生の声・活躍

ピラティスは、医療現場の治療の1つとして欠かせないものだと思っています

受講生の声・活躍深澤江里子さん (理学療法士)

PCAで学んだピラティスは理学療法士の私にとってそれまでのリハビリの考えを変えるものでした。オーストラリアで進んでいる予防医療、Dr.からの処方で受けられるピラティスは、日本でももっと多くの人に、気軽に、受けられるものであってほしいと思いました。

姿勢保持や動作の土台である体幹・骨盤の安定を獲得することが出来るピラティスは、医療現場の治療の1つとして欠かせないものだと思っています。患者さんに本当は座ること、物を持ち上げること、階段を昇ることがこんなに楽だと感じていただき、運動の大切さを感じてもらえるように、ピラティスと運動療法を実施したいです。

Asicsの施設ではさらにパフォーマンスの向上を目指す方々にグループレッスンを行うのが楽しいです。毎回私らしいレッスンになるように、通常の筋力トレーニングでは得られないもの、いくら腕や足を鍛えても体幹による安定がなければ100%発揮することはできないことを、多くの方に伝えていきたいです。


ピラティスでの身体の使い方を感じられるようになったのはPCAで学ぶようになってからです

吉田佳子さん (看護師)

看護師として働きながら、沢山の患者様に出会いました。その経験から、予防分野に興味を持ちピラティスを学びたいと思いました。高齢者や怪我をした人たちがピラティスをすることで、手術の必要無くなれば、自分の脚で最後まで歩くことができれば、日本の社会は助かり、その方達の生活が豊かになると信じています。

以前からピラティススタジオに通っていましたが、ピラティスでの身体の使い方を感じられるようになったのはPCAで学ぶようになってからです。難しいことが多いですが、素敵な先生と仲間達に支えられ楽しく貴重な学びを得られることに感謝しています!


1年以上をかけて知識と実技を積み上げて行くPCAのコースは、とても貴重であると思います

田邊真樹さん (インストラクター)

ピラティス初心者、インストラクター、ダンサー、理学療法士、看護士、主婦、フルタイムの会社員…在校生には様々なバック・グラウンドをお持ちの方がいて、それぞれにご自身の経験が、ピラティスの学びに生かされているように思います。
PCAで学ぶピラティスでは、体系的、理論的な軸ができます。養成コースを終えたのに、疑問ばかりが増えてしまう…私自身が他団体で学んできてそうでしたが、今は解消されました。

数日、数ヶ月で終わってしまう養成コースが多い中で、1年以上をかけて知識と実技を積み上げて行くPCAのコースは、とても貴重であると思います。
PCAの説明会で、更科先生から受けたプライベート・レッスンは、今まで経験して来たピラティスとは全く違いました。単なるエクササイズではなく、関節や筋肉の位置を整えて、初めて動かしたいところが動くという驚きでした。実技の授業で「筋動員の順番」を学んでからは、自分の身体が大きく変わりました。キューイングは、もうひとつ先にまでクライアントの身体を導くものだと学びました。それは、初めて受けた更科先生のレッスンそのものでした。解剖学や医学をベースにした、症状別のプログラミングを学ぶことで、私でも本当に困っているクライアントさんの身体を、少しずつ変えることができました。そして、このプログラムをたくさんの方に学んで頂きたいと思いました。

中級レベルのエクササイズはとてもできないと思うかもしれません。
ですが、少人数クラス(各クラス定員3名)のPCAでは、先輩方が後輩の面倒をとても良く見て下さいますし、何より更科先生が、生徒一人一人をしっかり見て下さいます。一人で頑張らずに、皆で同じ目的を目指して学び、卒業後もお互いに学びの場を共有していく…PCAはそういう心が豊かになれる場所です。


世の中に沢山あるピラティス養成コースの中でなぜPCAを選んだのか?

竹内一歩さん (インストラクター)

世の中に沢山あるピラティス養成コースの中でなぜPCAを選んだのか?
私は既にマットとリフォーマーは取得済みでした。ですが、学べば学ぶほど素朴な疑問がいっぱいでした。なぜなら、先生によって言うことが違うからです。正しい、正しくないということではなく、その先生が意図していることは何か、それを知りたいと思うようになりました。
明確にして、使い分けられるようになりたい。そうでないと、私もクライアントさんに伝えられない…。そんなモヤモヤの霧の中で出会ったのがPCA Pilates、エリ先生です。私の素朴な疑問を全てズバッと解決してくれました。

呼吸、肩甲骨下制、骨盤後傾、脊柱アーティキュレーション、脊柱の伸展、頭を持ち上げてくる動作、ニュートラルポジションの大切さ、どれもピラティスの大切な基本です。
ただ動かうのではなく、どの筋肉から始まって動かすのかひとつひとつに骨や筋肉にもっと深いことまで気を配る。そうするとつながっていなかった筋肉が上手につながりあい、全く違う感覚に出会えます。
例えるなら…学級崩壊を起こしていたクラスが、新しい先生によって文化祭で優秀賞をとる感じでしょうか…?

自分が明確に理解できることで、自信が持てました。
まだまだ勉強中ではありますが、学んだことをしっかりと身につけていきたいと思います。


PCAの短期インストラクター養成コース「入門Mat Pilates」アカデミーコース出身の藤原優香先生がご指導します。

受講生の声・活躍 担当講師:藤澤優香
茨城県日立市出身。
幼少よりクラッシクバレエを根本豊重、根本幾子に師事。
お茶の水女子大学芸術・表現行動学科 舞踊教育学コースにてコンテンポラリーダンス等を学び、卒業後は同期とダンスグループCOLONCH(コロンチ)を結成・活動。
右膝半月板、腰椎ヘルニアの手術を経験し、「身体のつかい方」がいかに大切であるかを実感。ピラティスを学び、多くの気づきを得る。
合気道を愛好し、ピラティスと照合しながら肚の安定した無駄なく調和のとれた動きや相手に敬意と集中を向ける姿勢を日々研究中。
【資格・経歴等】
2011年 YPSI ヨガ・ピラティスインストラクター資格取得
2017年 健康管理士 資格取得
2019年 Diploma for Pilates Trainer(オーストラリアピラティス国家資格)取得
カルチャーセンター、スポーツクラブ、 区の運動施設(高齢者向け)、バレエスタジオ、ピラティススタジオ等でグループレッスン・プライベートレッスンを担当。
自宅でレッスンを受けられる動画サイトYogalogに出演、運営にも携わる。


同期の仲間とオーストラリアのピラティスの現楊を体験

受講生の声・活躍堀米由美さん
合同会社Sharp in Space President & CEO

PCAでの一番の思い出は同期の仲間とオーストラリアのピラティスの現楊を体験したことです。
ピラティスが予防医療から一流のアスリートまで大いに貢献していることを実感し確信を持ちました。
Diplomaを取得した現在は、クライアントの習慣化を促すことが大切だと思いIT技術を応用した「ピラティス効果の見える化」を目指した研究を進めています。
枝里先生には ピラティスを超えて人生の考え方も教えて頂き感謝しています。

PCA
page top

to Page-Top