PCAで取得できるオーストラリア公認資格|授業はすべて日本語。英語力を必要なし。

PCAで取得できる公認資格取得できる公認資格

PCAで取得できるオーストラリア政府公認の 「Diploma of Professiona lPilates Instruction 10537NAT」は、こんな資格です。

オーストラリアの教育資格システム「AQF」

AQF教育水準が高いと言われるオーストラリアには、中学から高校、職業教育・訓練機関、大学、大学院に至るすべての教育機関に「AQF(Australian QualificationFramework)」と呼ばれる教育資格システムが整えられています。
資格の習得・認定に対してはAQFに基づいて明確なガイドラインが定められ、Grade1~Grade10までグレード分けがなされています。

ピラティスの国家資格は AQFGrade5

「AQFGrade5」は、日本の専門学校や短大卒業資格に相当するオーストラリア政府公認の国家資格です。
正式な資格名は、「DiplomaofProfessionalPilatesInstruction10537NAT」。
さまざまな状況下で物事を適正、且つ迅速に処理する能力、技術面あるいはマネージメント面で必要とされる査定能力や調整能力等を学んだ後に与えられる資格です。
企画を立て、物事の正確な判断を自発的に行う力を養います。対外的、複雑で専門的な交渉や戦略を進めるにあたり、権限も与えられると同時に、個人的な責任も担う立場に置かれたことを想定した訓練も受けます。

授業のベースは日本語

これまでも「AQFGrade5」を取得するには、留学という方法がありました。しかしオーストラリアでこの資格を取得するには、日常会話程度の英語力では授業についていけません。
IELTS5.5(TOEIC700点)以上の語学力が留学の必須条件で、まずは1年間の語学留学からスタートし、資格習得のスタートは2年目からというのが現状です。
PCAの授業は、基本的に日本語で行われますので、語学留学の負担なく受講することが可能です。(※若干の英語力は必要となります。(別途布料サボート有り))

かかる費用は、留学の1/3程度

留学した場合にかかる費用は、1年間の語学学校費用、ディプロマ取得のための学費、渡航費、これに滞在費が加わります。

留学の1/3程度かかる費用 PCA
page top

to Page-Top